>  > 熟女のフェラテクニックに茫然

熟女のフェラテクニックに茫然

Kという都内のデリヘルを依頼しました。どちらかというと若い娘ではなく、熟女(30歳以上)がメインのお店です。若い娘とエッチなことをするのもいいのですが、この日は癒されたいなぁという思いが強かったため、このお店で人気のHさん(40代後半)を指名しました。Mさんは、ちょっとぽっちゃりした方でしたが、受け答えははきはきとしていて、甘えられそうな感じのよい方でした。プレイに入ると、まずその豊満なおっぱいを堪能。揉んで吸ってつまんで、「いやんっ」と声を上げるのが若いらしくもありました。その後はシックスナインで、Mさんのおまんことフェラを堪能。おまんこ周囲の毛はきれいに整えられていて、気にすることなく、クリトリスと愛液を味わうことができました。そして圧巻だったのがフェラテクニックです。私のペニスを見るなり「すこし短いけど、カリも大きくていいおちんちんね。彼女喜ぶでしょ」、「僕はいま彼女いないんでしょ〜」とやり取りをしているうちに、しゃぶり始めました。もうね、すごかったです。多分、これまでに経験したフェラで上位3位に入るくらい、快感が続くのですが、イってしまうまでには至らない、まさに至極の時間が20分くらい続くのです。射精しないぎりぎりを維持できるテクニックってすごいですよね。最後は「おおおーん!」と野獣の叫び声みたい喘いで、大量射精です。こんなに出るんだという感じで、5噴射くらいしました。見た目じゃないんだなぁと実感できた出来事でした。

[ 2015-09-26 ]

カテゴリ: デリヘル体験談2